本記事には広告が含まれます。

dマガジン kindleunlimited auブックパス 週間文春 楽天マガジン 雑誌読み放題

週刊文春を期間限定無料で読めるサブスク5選!! 

週刊文春は日本で一番売れている総合週刊誌の一つで、その魅力は年齢や興味を問わず多くの読者に支持されています。週刊文春は40代から70代までの幅広い年齢層に愛され、男性と女性の読者がバランスよく分布しています。

週刊文春はそのコンセプトとして「週刊文春の世の中のホントウがわかる」と掲げ、創刊から「新聞・テレビでは得られない記事」を提供してきました。その記事には政治から経済、芸能、スポーツ、社会問題と幅広いジャンルのニュースが満載です。

長らく安定した発行部数を維持し、多くの読者から信頼を得ています。その人気は高いです。週刊文春に興味があれば、雑誌の読み放題サブスクリプションを利用することをおすすめします。

ぜひ最後まで読んで、お得に週刊文春を楽しむ方法をゲットしてください。

週刊文春が読めるサブスクの料金価格まとめ

ここでは5つのサブスクサービスの無料期間と月額料金について説明します。

さまざまな種類が提供されていますが、以下に代表的なサービスとその月額料金をまとめました。

誌面を購入するのは毎回費用がかかりますが、週刊文春の雑誌読み放題サブスクリプションを利用することで、月額の定額料金で多くの記事やコンテンツを読むことが出来ます。

サービス名月額料金無料期間
楽天マガジン418円 30日間
dマガジン440円 31日間
ブックパス418円 30日間
ブック放題800円 一ヶ月
週刊文春2,200円/月額 (初月は300円)無し

これらの読み放題サブスクリプションすることで、週刊文春の記事や他の雑誌を見ながら、月々のコストを抑えながらいろいろなコンテンツを楽しむことができます。

様々なコンテンツの雑誌が読み放題なため、雑誌購入の良さももちろんありますが、読み放題サブスクリプションもメリットが多くサービス利用の検討をオススメします。

週刊文春とは

週刊文春は、文藝春秋が発行する雑誌で、1959年に創刊されました。毎週木曜日に発売されており、日本の週刊誌の中でも長い歴史を持つ老舗の一つです。

この雑誌のテーマは「世の中のホントウがわかる」。つまり、週刊文春は新聞やテレビではなかなか見られないような、深い探求心から生まれた記事を提供することを目指しています。

週刊文春が扱うジャンルは多岐にわたります。政治や経済、芸能、スポーツ、社会問題など、様々なトピックが満載されています。

これにより、読者は日常から国際情勢まで、幅広い情報に触れることができます。

そして、読み放題のサブスクリプションに登録すれば、週刊文春の記事を制限なく読むことができます。

週刊文春の魅力を存分に楽しむことができるでしょう。

週刊文春に掲載されている内容

週刊文春は、その幅広い記事内容と深い掘り下げで知名度の高い週刊誌です。政治、経済からエンターテインメントまで、新鮮な情報を提供しています。

政治家や企業関係者のスキャンダルや不祥事を積極的に報じ、社会の裏側を明るみにします。スキャンダルの報道は、社会における重要な役割を果たしています。

また、芸能界や社会事件にも注目し、週刊文春のスクープ記事はしばしば社会問題になります。この雑誌は情報の新たな側面を提供し、読者に芸能人や社会の裏側についての知識を提供します。

政治や経済に関する深い掘り下げやスキャンダルの暴露が特に注目されています。権力者や企業の問題点を積極的に報道し、社会の影を明るみにする役割を果たしています。

週刊文春の記事は、しばしば「文春砲」と呼ばれ、その内容はテレビや他の報道機関でも話題にされます。週刊文春が掲載する記事は、社会に大きな影響を与え、読者に情報の新たな側面を提供しています。

この雑誌を通じて、日本の政治、経済、エンターテインメント、社会問題について深く理解することができるでしょう。週刊文春を読むことは、情報の幅を広げ、社会への洞察力を高める手助けになることでしょう。

週刊文春の特徴

週刊文春は、週刊誌の中でも特に注目される雑誌の一つです。

週刊文春は、いろんな話題を扱う週刊誌です。政治から芸能まで、様々なことが読めます。

特に、自分たちで調査したり、他にない情報を載せることで有名です。有名人のインタビューや事件の裏話など、普通のメディアでは見られない情報が満載です。

政治のことや情報に関する記事もたくさんあります。

週刊文春をサブスクリプションで購読すると、いつでも最新の情報を手に入れられます。気軽に読めるし、興味深い記事がいっぱいです。自分の興味のあることを手軽に読むなら、週刊文春がおすすめです。

週刊文春は、幅広い読者に向けて情報を提供し、その独自の視点や深い取材で多くの人々に支持されています。

また週刊文春は実売部数において高い評価を受けています。実売率が8割を超えると「完売」とされ、2016年には社会的に注目された背景もあり、4つの号が完売したことがあります。

これは週刊文春が多くの読者に支持されている証拠であり、その内容の魅力が反映されています。

週刊文春をおすすめする読者

週刊文春が提供する情報は、日常のニュースとは異なり、情報が豊富でスクープが多くあります。

週刊文春は日本の情報誌の中で、その多様性と深さが際立っています。幅広いトピックに興味を持つ方におすすめの週刊誌です。

週刊文春は、様々な読者におすすめできる週刊誌です。あなたが週刊文春を読むべき理由と、どのような読者に向いているかについてご紹介します。

1. 50代から70代の方へおすすめ

週刊文春は年齢に関係なく楽しめる雑誌で、中でも50代から70代の読者が最も多いです。

2. 男性と女性両方に向いています

週刊文春は男性と女性の読者両方に向いており、その読者の56%が男性、44%が女性です。この性別比率のバランスが、多くのテーマ性の記事を提供する週刊文春の魅力を表しています。

3. 人気の発行部数

週刊文春の発行部数は、2023年4月から6月までの期間で32.9万部に達し、人気があります。多くの読者に支持され、信頼性の高さもある週刊文春です。

この雑誌の一番の特徴は読者の関心や好みに合わせて、週刊文春が提供する情報を楽しむことが出来るところです。

週刊文春は多くの情報を提供する雑誌です。自分が知りたい情報を手に入れる事が出来ます。

週刊文春は、日本の情報誌の中で、その多様性と深さが際立っており、幅広いトピックに興味を持つ方におすすめの雑誌です。

お得に週刊文春が読めるサブスク5選

週刊文春は、日本の様々な情報雑誌の人気の週刊誌です。サブスクリプションを利用すると、政治、芸能、社会など多岐にわたる興味深い記事を手軽に読むことができます。

週刊文春は、有名人のインタビューや独自の報道、興味深いコラムなどで知られています。もし「週刊文春の内容が気になる」「どんな記事が読めるのか知りたい」と考えているなら、サブスクリプションを利用することで見ることが出来ます。

これらのサービスは、幅広い記事へのアクセスや定期的な更新など、読者にとって魅力的な特典を提供しています。

特に、他にない情報を載せることで有名です。月額料金だけで週刊文春が読めますし、それ以外の週刊雑誌も読むことができます。

サービス名月額料金無料期間
楽天マガジン418円31日間
dマガジン440円31日間
ブックパス418円一ヶ月
週刊文春2,200円/月額(初月300円)なし

楽天マガジン:月額料金が一番安くポイントもすぐに使える

楽天マガジンは、1200誌以上の雑誌や書籍をPCやアプリを通じて月額418円(税込)で読み放題で楽しむことができるサブスクリプションサービスです。

楽天マガジンに加入すれば、月額418円で週刊文春を含む多くの雑誌を読み放題で楽しむことができます。

サービス名月額料金無料期間
楽天マガジン418円30日間

楽天マガジンのアプリを利用すれば、ダウンロードしてオフラインで読書を楽しむこともできます。

例えば飛行機に乗るときに、機内モードになって電波が無くなった状態でも読書ができるため有効に時間を使うことができます。

楽天マガジンでは、初回31日間はお試し無料で利用でき、週刊文春などのコンテンツを気軽に試すことができます。

さらに楽天ポイントを獲得できるため、お得に利用することも可能です。

無料期間を利用して、ぜひ楽天マガジンで週刊文春をお試しください。

dマガジン:お気に入り登録した雑誌の新刊通知

dマガジンは雑誌読み放題のサブスクリプションサービスです。dマガジンに登録すると、月額440円で1,200誌以上の雑誌が読み放題になります。

サービス名月額料金無料期間
dマガジン440円31日間

便利なキーワード検索などの検索機能もあり、お気に入りの雑誌を登録すると新刊通知が届きます。ダウンロード機能もあるため、オフラインでも読書が読むことも出来ます。

dポイントで支払うこともできるので、dポイントを利用している方は、とても便利に利用できます。

ブックパス:多彩なジャンルが楽しめる電子書籍サービス!

auブックパスをご利用いただくと、さまざまな利点があります。まず、登録が不要で無料で読むことができる本も用意されています。

該当の本に表示されている「無料」ラベルを選び、「読む」をクリックするだけで、すぐに読書を楽しむことができます。

また、お気に入りの本だけを読む場合、月額料金はかかりません。必要な本の料金だけをお支払いいただけます。

さらに、読み放題プランも提供されており、雑誌、コミック、小説、実用書などが読み放題となります。

サービス名月額料金無料期間
ブックパス418円一ヶ月

また、加入前に試し読みができるため、自分に合った雑誌かどうかを確認できる点も魅力です。

ブック放題には独自の機能も備わっています。

いいねランキングやコメント機能を活用して他のユーザーとの情報交換や気になる記事の発見が可能です。

さらに、特典やイベントへの応募でPayPayポイントをゲットできる特典も用意されています。

月額料金は一律550円(税込)で、手軽にサブスクリプションを楽しむことができます。

ただし、ブック放題には個々のニーズに合わせたフィルタリング機能がないため、記事を探す際には注意が必要です。

週刊文春電子版:週刊文春だけ読みたい方におすすめ

これまでいろいろなサブスクをご紹介してきましたが、週刊文春だけを読みたいという人にとっておきの読み放題サブスクリプションがあります。

それが週刊文春電子版になります。週刊文春電子版には、3つの異なるプランがあります。

月額プランでは初月が300円で、2ヶ月目以降は2,200円になります。年額プランは22,000円で、一年間有効です。1ヶ月あたりの料金は約1,833円になります。また、電子版+雑誌プランも用意されていて、その場合の年額は29,500円で1ヶ月あたりの料金は約2,458円になります。

サービス名月額料金無料期間
週刊文春電子版2,200円/月額(初月300円)無し

週刊文春の読み放題サービスでは、スクープ記事を早く読むことができるほか、電子版オリジナル記事、音声・動画番組、そして会員限定ニュースレターも提供されています。

スクープ記事を早く読むことができ、電子版のオリジナル記事にもアクセスできます。さらに、音声や動画番組の視聴、会員限定ニュースレターの読み込みも可能です。

ただし、読み放題サービス版の「週刊文春」は市販されている紙版と同じ内容とは限りませんので、ご留意ください。

読み放題サブスクを利用して週刊文春をお得に読もう

いかがでしたでしょうか?週刊文春は、政治家や官僚に関するスキャンダルにも敏感で、その情報を独自に入手します。週刊文春によってスクープされることで、社会的な議論の的となります。 週刊文春の情報をもっと詳しくにスマホなどで知りたい時に読み放題サブスクがおすすめです。

下記に本記事のサブスクの情報をまとめさせていただきます。

サービス名月額料金無料期間
楽天マガジン418円30日間
dマガジン440円 31日間
ブックパス418円30日間
ブック放題800円一ヶ月
週刊文春2,200円/月額 (初月は300円)無し

読み放題サブスクでは週刊文春をお得にいつでもスマホなどで読むことができて便利です。テレビなどであまり取り上げられない内容を深く知ることができて、ニュースに関心を持てます。

週刊文春以外にもいろいろな雑誌を楽しむことができ、実際に雑誌を買うよりもとてもお得です。月々の出費を抑えることができて浮いたお金を他の趣味などに使ったりと家計にも優しいです。

週刊文春は読者に理解する機会を与える週刊誌です。その魅力を存分に楽しむために、読み放題サブスクはお得な手段です。

週刊文春をお得に読みたい人は無料期間もあるのでこの機会に読み放題サブスクを試してください。

-dマガジン, kindleunlimited, auブックパス, 週間文春, 楽天マガジン, 雑誌読み放題
-