日経ビジネス

雑誌「日経ビジネス」は読み放題で楽しめるのか?

投稿日:2020年11月7日 更新日:

雑誌を手に持つ女性


新しいビジネスの種を発見したり、日本経済で起こっていることを俯瞰的に理解したりできるのが「日経ビジネス」。最近では、雑誌読み放題サービスが登場したこともあり、さまざまなビジネス雑誌を格安で楽しめるようになっています。

そこで今回は、「日経ビジネスは読み放題で楽しめるのか?」について解説。本記事を参考に、ぜひ今後の情報収集活動に役立ててください。

日経ビジネスは読み放題で楽しめる?

考えるおじさん


ここでは、日経ビジネスを読み放題で楽しめるのかどうかについて解説しています。

読み放題には対応していない


結論から言うと、日経ビジネスに対応している雑誌読み放題サービスはありません。公式サイトや定期購読サービスからのみ利用可能です。

日経ビジネスが読み放題サービスに対応していない理由として、盤石な顧客基盤を抱えていることが考えられます。実際に「日経ビジネス 媒体資料2020」によると、2017年の発行部数は181,169部、2019年の会員登録者数は2,562,529人と、非常に多いです。

雑誌読み放題サービスは、閲覧されたページ数に応じて利益が配分される仕組みなので、直接課金と比べて得られる利益はそれほど多くありません。そのため、掲載するメリットをそれほど感じていない可能性もあります。

いずれにせよ、日経ビジネスは読み放題サービスで対応していないので、ほかの利用方法を検討しましょう。


参考:日経ビジネス 媒体資料2020

利用方法は定期購読のみ


日経ビジネスを閲覧する方法は、定期購読のみです。公式サイトの定期購読には、以下の種類があります。

・電子版セット(雑誌+電子版)
・雑誌のみ
・電子版のみ


なかでも、年額料金が安く利用しやすい「電子版のみ」のサービス利用がおすすめ。通勤や出張などの外出先でも、荷物にならずに閲覧できます。

日経ビジネスでは、マクロ経済からミクロ経済まで、幅広く情報を収集できるのがメリット。まだ利用されていない方は、日経ビジネスの定期購読を検討してみてください。




ほかの日経雑誌は読み放題で楽しめる?

考えるお兄さん


日経ビジネスは読み放題では楽しめませんが、ほかの日経雑誌であれば一部読み放題で閲覧できます。

雑誌読み放題サービスで対応している日経関連の雑誌は以下です。

・日経トレンディ
・日経マネー
・日経PC21
・日経ヘルス
・日経ウーマン
・日経エンタテイメント!
・ナショナル ジオグラフィック日本版


上記で読みたい雑誌があれば、ぜひ雑誌読み放題サービスの利用を検討しましょう。安くて月額418円~のサービスもあり、非常にお得に利用できるのが魅力です。




日経ビジネスは、公式サイトの定期購読で利用しよう!

白衣を着たおじさん


日経ビジネスは、残念ながら雑誌読み放題サービスで対応していません。そのため、公式サイトなどから定期購読の申し込みをしましょう。

電子版であれば、1ヵ月あたり約2,083円で利用できます。ビジネスや経済に関する事象を深い洞察とともに学んで、今後のビジネス活動に役立てていきましょう。


-日経ビジネス
-, ,

関連記事

雑誌を読む女性

日経ビジネスの定期購読プランは合計で4種類!分かりやすく解説します。

社会の第一線で活躍するビジネスパーソンから、就活を控えた学生まで、さまざま方に愛読されているのが雑誌「日経ビジネス」です。 しかし、定期購読を検討するにあたって、プラン内容や契約期間などが複雑なために …