雑誌読み放題

クレジットカード以外でも利用できる雑誌読み放題サービス6選をご紹介!

投稿日:2020年12月2日 更新日:

現金

毎月定額の料金を支払うだけで、何百冊もの雑誌を読み放題で楽しめるのが「雑誌読み放題サービス」。しかし、「クレジットカードを持っていないけれども登録は可能なのか?」といった疑問を持っている方も多いはずです。

そこで今回は、クレジットカード以外でも登録できる雑誌読み放題サービス6選をご紹介。コンビニ払いやデビットカードなど、さまざまな支払い方法があるので、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカード以外でも利用できる雑誌読み放題サービスはある?

考える女性

結論から言うと、クレジットカード以外でも利用できる雑誌読み放題サービスは存在します。各雑誌読み放題サービスごとで対応している支払い状況は以下です。

 デビットカードプリペイドカードコンビニ払い口座振替キャリア決済
楽天マガジン
××××
Kindle Unlimited
(Paidy)
×
(docomo・au)
タブホ
(Amazon Pay)

(Amazon Pay)
××
dマガジン××××
(docomo)
ブック放題×××
(Yahoo!ウォレット)

(Softbank)
ブックパス××××
(au)

サービス比較のまとめ

サービス名 対応する決済数 無料期間
楽天マガジン 1種類 31日間
Kindle Unlimited 4種類 30日間
タブホ 3種類 2週間+24時間(アプリ版)
dマガジン 1種類 31日間
ブック放題 2種類 1か月間
ブックパス 1種類 30日間

対応する決済の種類は、Kindle Unlimitedが4種類と一番多く、タブホが3種類で次に多い結果となりました。サービスを選択する際は、自身が使える決済方法に対応しているかどうかをしっかりと確認しましょう。

クレジットカード以外で利用できる雑誌読み放題サービス6選!

ここでは、クレジットカード以外で利用できる雑誌読み放題サービスについてご紹介します。デビットカードやコンビニ払いに対応したサービス3つと、キャリア決済(au・docomo・Softbank)を利用しやすいサービス3つに分けたので、ぜひ参考にしてみてください。

デビットカードやコンビニ払いを利用できるサービス3選!

ここでは、デビットカードやコンビニ払いを利用できるサービスを合計で3つご紹介します。

1.楽天マガジン:デビットカードや楽天ポイントで支払える!

楽天マガジンは、月額418円で700冊以上を読み放題で楽しめるサービスです。楽天マガジンで利用できるクレジットカード以外の支払い方法は以下です。

  • デビットカード
  • 楽天ポイント

なお、楽天マガジンではプリペイドカードの決済には対応していません。また、楽天ポイントで支払いたいときは、登録時にデビットカード情報を紐づけておく必要があります。

楽天マガジンでは、ファッション雑誌・ビジネス雑誌・旅行雑誌などを幅広くそろえているのが特徴です。対応雑誌数が多いので、読んでいて飽きを感じることがありません。

また、雑誌のダウンロード機能や記事検索機能など、便利な機能が充実。31日間の無料トライアルを設けているので、気軽に試してみてください。

関連記事:楽天マガジンの申し込み方法・登録方法を注意点とともに解説。入会前によく確認しよう

2.Kindle Unlimited:多彩な決済方法から選択できる!

Kindle Unlimitedは、月額980円で12万冊以上の和書と120万冊以上の洋書を楽しめる読み放題サービスです。Kindle Unlimitedでは、クレジットカード以外で以下の支払い方法を選択できます。

  • キャリア決済(au・docomo)
  • プリペイドカード(LINE Payカード・au WALLET・Vプリカ・バンドルカードなど)
  • デビットカード
  • コンビニ・銀行支払い(Paidy)

Kindle Unlimitedでは、多彩な決済方法を選択できるのが魅力。プリペイドカードやデビットカードを持っている方は、積極的に活用しましょう。

なお、コンビニ支払いの「Paidy」とは、携帯電話番号とメールアドレスを入力するだけで、オンラインショップの決済を簡単に行えるサービスのこと。支払いをした翌月に、コンビニや銀行口座でまとめて支払えるのが特徴です。

実にさまざまな決済方法が用意されているので、自身に合ったやり方を選択してみてください。

3.タブホ:コンビニ払いもOK!

タブホは、月額550円で900誌以上を読み放題で楽しめるサービスです。タブホの登録時に選択できるクレジットカード以外の支払い方法は以下です。

  • コンビニ払い
  • Amazonギフト券の購入(Amazon Pay)
  • デビットカード(Amazon Pay)
  • プリペイドカード(Amazon Pay)

タブホのコンビニ払いは、セブン-イレブン・ローソン・ミニストップ・サークルKサンクスの4ブランドで対応。実際に支払うには、店舗にあるマルチコピー機や専用機でタップ操作をして、払込票を印刷することで行えます。

ほかにも、Amazonギフト券を購入したりデビットカードやプリペイドカードを利用したりするやり方があります。いずれもAmazon Payを使うやり方なので、登録していない方は少々手間がかかるでしょう。

タブホをクレジットカード以外で決済するには、コンビニ払いを利用するのがおすすめ。Amazon Payなども含めた支払い方法の詳細は、下記の公式ページに記載されているので、参考にしてみてください。

参考:利用方法|タブホ – 雑誌読み放題アプリ

キャリア決済で支払いやすいサービス3選!

ここでは、キャリア決済(au・docomo・Softbank)で支払いやすいサービスを3つご紹介します。

1.dマガジン:docomoスマホの「d払い」で合算できる

dマガジンは、株式会社NTTドコモが提供する雑誌読み放題サービスです。月額440円で700誌以上を読み放題で楽しめます。

dマガジンで選択できるクレジットカード以外の支払い方法は以下です。

  • キャリア決済(docomo携帯)

dマガジンをクレジットカード以外で利用するには、docomoスマホを持っている必要があります。それ以外の方はクレジットカードのみの対応なので、注意しましょう。

dマガジンでは、ほかの雑誌読み放題サービスではラインナップしていない有名雑誌も取り揃えているのがポイント。さらに、記事検索機能や雑誌のダウンロード機能など、機能面が充実しています。

dマガジンでは31日間の無料トライアルを設けています。docomoの通信キャリアと契約している方は、積極的に活用してみてください。

関連記事:dマガジンの申し込み・会員登録方法を注意点とともに解説!

2.ブック放題:Softbankスマホの「My Softbank」で合算できる

ブック放題は、Softbankの子会社である株式会社ビューンが提供する雑誌読み放題サービスです。月額550円で500誌以上を読み放題で楽しめます。

ブック放題で対応しているクレジットカード以外の決済方法は以下です。

  • キャリア決済(My softbank)
  • 口座振替(Yahoo!ウォレット)

ブック放題でキャリア決済を行うには、ソフトバンクの通信キャリアと契約している必要があります。もし対象であれば、登録を簡単に済ませられるのがメリットです。

Yahoo!ウォレットとは、Yahoo! JAPANの有料サービスを管理・決済できるサービスのこと。事前に支払い方法を登録しておくことで利用できます。

Yahoo!ウォレットでは、クレジットカードのほかに口座振替を指定できるのが特徴です。口座振替として登録できる銀行は、ジャパンネット銀行と楽天銀行のみなので、利用する方は注意してください。

参考:支払い方法の登録 – Yahoo!ウォレット

関連記事:ブック放題の会員登録|登録方法を注意点とともに解説!

3.ブックパス:auスマホの「auかんたん決済」で合算できる

ブックパスは、KDDI株式会社の子会社である、株式会社ブックリスタが提供する雑誌読み放題サービスです。マガジンコースであれば月額418円で300冊以上の雑誌を、総合コースであれば月額618円で40,000冊以上の書籍を読み放題で楽しめます。

ブックパスで対応しているクレジットカード以外の決済方法は以下です。

  • キャリア決済(auかんたん決済)

auかんたん決済とは、パソコンやauのスマホで購入したオンラインサービスの料金を、毎月の携帯代と合算して支払えるサービスのことです。もしauの通信キャリアと契約していれば、スムーズに登録・決済できます。

ブックパスでは、読み放題雑誌のほかに、個別に購入できる有料雑誌もラインナップしているのが特徴。雑誌読み放題サービスでは対応していない雑誌を、購入後に同じサービス上で閲覧できるのがメリットです。

ブックパスでは30日間の無料トライアルを設けています。auの通信キャリアと契約している方は、積極的に利用してみてください。

雑誌読み放題サービスをクレジットカード以外で利用する際の注意点は?

注意

雑誌読み放題サービスをクレジットカード以外で利用する際は、銀行口座やプリペイドカード内に残高があるかを毎月確認しておくことが大切です。万一、引き落とし日に残高が足りないと、サービスの利用が停止してしまうことがあります。

また、コンビニ払いを利用する方は、次回の更新日までに支払いを済ませるようにしましょう。

デビットカードやプリペイドカード、コンビニ払いなどの支払い方法は、クレジットカードと比べると少々手間がかかりがちです。一方で、残高調整などを忘れずに行えば、毎月快適に利用できるでしょう。

雑誌読み放題サービスをクレジットカード以外で登録してみよう!

コンビニ払い

この記事では、クレジットカード以外でも利用できる雑誌読み放題サービスについて、また利用できる決済方法をご紹介しました。各サービスごとの決済対応状況と、月額料金は以下です。

サービス名 決済対応状況 月額料金 無料期間
楽天マガジン ・デビットカード
・楽天ポイント
418円 31日間
Kindle Unlimited ・キャリア決済(docomo・au)
・プリペイドカード
・デビットカード
・コンビニ・銀行払い(Paidy)
980円 30日間
タブホ ・コンビニ払い
・Amazonギフト券(Amazon Pay)
・デビットカード(Amazon Pay)
・プリペイドカード(Amazon Pay)
550円 2週間+24時間(アプリ)
dマガジン ・キャリア決済(docomo) 440円 31日間
ブック放題・キャリア決済(My Softbank)
・口座振替(Yahoo!ウォレット)
550円 1ヵ月間
ブックパス ・キャリア決済(auかんたん決済) 418円(マガジンコース)
618円(総合コース)
30日間

デビットカード・プリペイドカード・口座振替・コンビニ払いなど、さまざまな方法から選択できるのが特徴です。決済方法だけでなく、月額料金なども考慮しながらサービスを選択しましょう。

各サービスで無料トライアル期間を設けているので、気軽に試してみてください。



Amazonのアソシエイトとして、FIREオンデマンドは適格販売により収入を得ています。


-雑誌読み放題
-

関連記事

雑誌をタブレットで読む女性

海外雑誌の読み放題サービスおすすめ5選を比較!無料では楽しめるのか?

語学学習や異文化理解のためのツールとして、非常に役立つのが「雑誌読み放題サービス」。登録しておくだけで、膨大な量の英語情報や最新のトレンドを収集できます。 そこで今回は、海外雑誌の読み放題サービス5選 …

タブレットを使用している女性

海外からでも利用できる雑誌読み放題サービスをご紹介!利用方法の解説も

毎月定額の料金を支払うだけで、数百誌以上の雑誌を読み放題で閲覧できるのが「雑誌読み放題サービス」です。「海外在住だが、日本の雑誌読み放題サービスは利用できるのだろうか」「これから海外へ渡航する予定だが …

タブレット

雑誌読み放題サービス、8つすべてを使って比較してみました。

毎月一定額の料金を支払うだけで、いくつもの雑誌を読み放題で楽しめるのが「雑誌読み放題サービス」です。しかし、さまざまなサービスがラインナップされていることもあり、どれを選べばいいのか分からない方も多い …

登録している女性

ブック放題の会員登録|登録方法を注意点とともに解説!

500冊以上の雑誌、35,000冊以上のマンガを読み放題で楽しめる「ブック放題」。登録後に不満を抱えないためにも、注意点を事前にしっかりと押さえながら登録したいところです。 そこで今回は、ブック放題の …

スマホを持つ女性

【3ステップ】auブックパスの登録・入会方法を注意点とともに解説

雑誌をはじめとしたさまざまな書籍を読み放題で楽しめるのが「auブックパス」。とくにブックパスを初めて登録する際は、やり方や注意点などを事前に押さえておきたいものです。 そこで今回は、auブックパスの登 …