ニュース雑誌・週刊誌

雑誌「週刊大衆」を読み放題で楽しめるサービス3選を比較!

投稿日:2020年12月9日 更新日:

タブレットを使う男性


主に男性向けの話題や、グラビア写真などを充実させている雑誌が「週刊大衆」です。週刊大衆を雑誌読み放題サービスで利用することで、毎月のコストを抑えたり、バックナンバーを読めたりするのがメリットです。

そこで今回は、雑誌「週刊大衆」を読み放題で楽しめるサービス3選を比較。最後に閲覧時の注意点を記載したので、ぜひ参考にしてみてください。

週刊大衆を読み放題で楽しめるサービスの比較表


ここでは、週刊大衆を読み放題で利用できるサービス3選の比較表を掲載します。

サービス名読み放題バックナンバー月額料金無料期間
楽天マガジン約1年分418円31日間
ブックパス約3か月分418円(マガジンコース)
618円(総合コース)
30日間
Kindle Unlimited約1年分980円30日間


雑誌読み放題サービスはほかにも、「dマガジン」「ブック放題」「タブホ」「U-NEXT」「FODマガジン」などがありますが、それらでは対応していません。週刊大衆を読み放題で楽しみたい場合は、上記のサービスのなかから選択しましょう。



週刊大衆を読み放題で閲覧するメリット

安い人


週刊大衆を雑誌読み放題サービスで利用することで、毎月にかかる出費を大きく抑えられるのがメリットです。浮いた分のお金で、おいしい食べ物を買ったり別の書籍購入に充てたりできます。

週刊大衆の価格は、紙面版で400円。毎週購入するとなると、400円×4週間=1,800円かかってしまいます。

一方で雑誌読み放題サービスであれば、安くて1ヵ月あたり418円で利用できるのが魅力。毎月約1,420円もお得に利用できます。

加えて雑誌読み放題サービスでは、過去のバックナンバーを追加料金なしで読めるのがポイント。とくに紙面版へのこだわりがなければ、雑誌読み放題サービスの利用を積極的に検討しましょう!

週刊大衆を読み放題で楽しめるサービス3選を比較!


ここでは、週刊大衆を読み放題で楽しめる3サービスの詳細を解説します。

楽天マガジン:バックナンバーが充実!


楽天マガジンは、楽天株式会社が提供する雑誌読み放題サービスです。月額418円で600誌以上の雑誌を読み放題で楽しめます。

楽天マガジンで週刊大衆を利用することの何よりのメリットは、バックナンバーのラインナップが約1年分と充実していること。過去の気になる号があったり好みの女優がいたりする際に、簡単にさかのぼって閲覧できますよ。

また、会員登録をスムーズに行えるのが魅力です。所有する楽天アカウントのメールアドレス・パスワードと、クレジットカード情報を入力するだけで完了させられます。

楽天マガジンでは、31日間の無料トライアル期間を設けています。デビットカードでも決済できるので、気軽に試してみてください。



関連記事:楽天マガジンの申し込み方法・登録方法を注意点とともに解説。

ブックパス:有料雑誌も購入できる!


ブックパスは、株式会社ブックリスタが提供する書籍の読み放題サービスです。

ブックパスの「マガジンコース」を選択すれば、月額418円で300誌以上の雑誌を読み放題で楽しめます。一方で「総合コース」を選択すれば、月額618円で雑誌・小説・実用書など、40,000冊以上の書籍を楽しめるのが特徴です。

ブックパスでは、週刊大衆の読み放題バックナンバーを3か月ほど前まで用意しています。また、個別に購入できる雑誌も含めれば、22カ月程度前までをラインナップしているのが魅力です。

ほかにも、週刊アサヒ芸能やFLASHなどの幅広い週刊誌を楽しむことが可能。雑誌のダウンロード機能も付いているので、外出先で通信容量を気にせずに閲覧できますよ。

ブックパスでは30日間の無料トライアル期間を設けています。au IDとクレジットカードがあれば登録できるので、気軽に試してみてください。



関連記事:【3ステップ】ブックパスの登録・入会方法を注意点とともに解説

Kindle Unlimited:雑誌以外の書籍も読み放題!


Kindle Unlimitedは、Amazonが提供する書籍の読み放題サービスです。月額980円で12万冊以上の和書、そして120万冊以上の洋書を読み放題で楽しめるのがポイントです。

Kindle Unlimitedで週刊大衆を読むメリットは、楽天マガジンと同様、バックナンバーが充実していること。約1年前までの号を追加料金なしで楽しめるのが魅力です。

また雑誌のほかにも、ビジネス書・小説・コミックなど、幅広い書籍を閲覧できるのが優れている点。雑誌以外にもたくさんの本を閲覧したい方におすすめです。

Kindle Unlimitedでは、31日間の無料トライアル期間を用意しています。Amazonアカウントとクレジットカードがあれば登録できるので、気軽に試してみてください。



週刊大衆を読み放題で楽しむ際の注意点

注意


週刊大衆を雑誌読み放題サービスで利用する際は、グラビアページの一部分がカットされている可能性もある点に注意しましょう。サービスによっては、きわどい部分が黒色で塗りつぶされていたりすることがあります。

もちろん、写真のほぼすべてを掲載しているサービスもあるので、まずは無料トライアル期間を試してみるのがおすすめです。

また、応募ページや懸賞ページが切り抜かれていることがある点にも注意しましょう。これは、具体的な販売期間が決まっていなかったり、懸賞に関する法律で引っかかってしまったりするためです。

週刊大衆を雑誌読み放題サービスで楽しむ際は、いくつか注意すべき点があるのも事実。しっかりと理解した上で登録することで、納得のいくサービス利用ができるでしょう。

週刊大衆を読み放題で利用し、毎月の出費を抑制しよう!

新作映画


この記事では、雑誌「週刊大衆」を読み放題で閲覧できるサービスの概要や、利用するメリット、また注意点について解説しました。再掲になりますが、週刊大衆を読み放題で楽しめるサービスの詳細は以下です。

サービス名読み放題バックナンバー月額料金無料期間
楽天マガジン約1年分418円31日間
ブックパス約3か月分418円(マガジンコース)
618円(総合コース)
30日間
Kindle Unlimited約1年分980円30日間


雑誌読み放題サービスを利用することで、紙面版の雑誌を毎週購入するよりも出費を大きく抑えられるのがメリットです。一方で、「グラビアが塗りつぶされていることもある」「検証ページに応募できないこともある」といった注意点も存在します。

各サービスでは無料トライアル期間を設けているので、心配な方でもまず試してみるのがおすすめ。無料トライアル期間中の解約であれば、料金は一切発生しません。





Amazonのアソシエイトとして、FIREオンデマンドは適格販売により収入を得ています。


-ニュース雑誌・週刊誌
-, ,

関連記事

週刊誌

ニュース・週刊誌の読み放題サービス8選を比較!【無料トライアルあり】

「ニュース雑誌や週刊誌をもっとお手頃に楽しみたい」「自宅でゆっくりくつろぎながら、いろんな週刊誌を眺めたい」。そんなときに活躍するのが、雑誌読み放題サービスです。 お手持ちのスマホやタブレットを使い、 …