本記事には広告が含まれます。

dマガジン kindleunlimited auブックパス ブック放題 U-NEXT 楽天マガジン

ビジネスマンに愛読される経済誌!「週刊エコノミスト」に電子版はあるのか?

ビジネスマンや資産運用をされてる方にとって経済情報や金融情勢を知ることは、スキルアップしていく上で大切ですよね。

『週刊エコノミスト』には、「週刊エコノミストon-line」という電子版があり、月額2040円で直近2ヶ月分のバックナンバーが読み放題でき、過去30年分の記事を検索できます。

でも、「毎月2040円払うのは高い!他の経済誌も読みたい!かさばるし持ち運びが大変」といったことはありませんか?

そこで本記事で紹介する“雑誌読み放題サブスク″を活用すると、半額以下の500円程度の料金で、ビジネスマンや投資家に愛読される経済誌『週刊エコノミスト』は勿論、他の雑誌も読み放題になります。

ビジネスマンや投資をされている方にとって、確かな情報を得るために本記事が、お役に立てればと思います。

週刊エコノミストを読み放題できる雑誌読み放題サブスクをご紹介!

経済情報や金融情勢をイチ早く、お得で便利に収集できるのが“雑誌読み放題サブスク″です。

“雑誌読み放題サブスク″を上手く活用すれば、高いお金を払ってビジネススクールや投資セミナーに通わなくても、ビジネスや投資に必要なスキルを養う事ができます。

昨今、読み放題サービスのあるサブスクは年々増えてきており「どれを選んだらいいかわからない!」といった方も多いかと思います。

硬派なビジネスマンに信頼され支持され続けている「週刊エコノミスト」をお得で便利に読んでいただく為に、雑誌読み放題サービスを展開するサブスクの様々な特徴やメリット、料金などについてまとめましたので是非、参考にしてみて下さい。

本記事が紹介する“雑誌読み放題サブスク″を活用して、お得で便利に充実したビジネスライフをおくりましょう。

サービス名月額料金(税込)無料期間
楽天マガジン418円 年額プラン3,960円31日間
Kindle Unlimite980円30日間
dマガジン580円31日間
U-NEXT2,189円31日間
ブック放題550円1ヶ月
ブックパスマガジンコース418円・総合コース618円30日間

週刊エコノミストが1番安く読める楽天マガジン

楽天マガジンは読み放題サブスクの中でも比較的料金が安く、お得に週刊エコノミストを始めとするいろいろなジャンルの電子書籍を楽しむことができます。

月額プランと年額プランがあり、用途に合わせて好きなプランを選択できます。

本屋で週刊エコノミストを買うよりも断然お得で経済的です。

経済の情報を得たい時は、楽天マガジンを利用し、スマホ1台で手軽に得られます。通勤通学の際や暇つぶしなど、いつでもどこでも時間を有効活用できます。

バックナンバーも豊富でこれまでに発売された週刊エコノミストも読むことができます。バックナンバーが読めるのはサブスクの強みです。

無料で31日間試すことができるので是非この機会に楽天マガジンで週刊エコノミストを読んでください。

サービス名月額料金(税込)無料期間
楽天マガジン418円 年額プラン3,960円31日間

週刊エコノミストの他にも200万冊以上が読めるkindleUnlimited

kindleUnlimitedはamazonが提供する電子書籍読み放題サブスクです。

月額980円で週刊エコノミストはもちろん、小説、ビジネス本、実用書、コミック、雑誌、洋書など、いろいろな電子書籍を楽しむことができます。

kindleUnlimitedは週刊エコノミストに加え小説と実用書が読めるのが特徴です。

実用書は仕事をしている人におすすめです。

kindle端末やスマホ、パソコンでも利用することができます。

週刊エコノミストは最新号からバックナンバーまで読むことができます。

バックナンバーの数が他の読み放題サブスクよりも多く、数年前のバックナンバーまで読むことができます。

テレビのニュースで取り上げられる世界情勢からあまり取り上げられないお金のことまで幅広い経済情報を提供しています。

サービス名月額料金(税込)無料期間
Kindle Unlimite980円30日間

週刊エコノミストが読めて使いやすいdマガジン

dマガジンはNTTドコモの運営する雑誌読み放題サービスです。

dマガジンでは月額580円で週刊エコノミストを含む1,400誌以上の雑誌が読み放題できます。

dアカウントを発行することで週刊エコノミストの最新号とバックナンバーを誰でも楽しむことができます。

週刊エコノミストをアプリでもwebでもどちらからでも閲覧することができて便利です。

3分間サク読みチケットがあり、月額料金不要で雑誌記事を無料で3分間読むことができます。3分以上読みたい場合はdマガジンに登録してください。

オフラインでも週刊エコノミストを読むことができるのでいつでもどこでも経済情報を得られます。

この機会にdマガジンで週刊エコノミストを読んでください。

サービス名月額料金(税込)無料期間
dマガジン580円31日間

週刊エコノミストの他にも動画も見放題のU-NEXT

U-NEXTでは週刊エコノミストはもちろん、ドラマや映画などの映像作品も楽しむことができます。

観ると読むが合体したサービスです。毎月1200ポイントが付与されるので最新映画のレンタルやまんがの購入に活用することができます。

月額料金は他の読み放題サブスクと比べると、映像作品が見れることもあって料金は税込2,189円と高めの設定になっています。

ダウンロード機能や対応デバイスも充実していてライフスタイルに合わせて利用することができます。

週刊エコノミストが読みたいのに加え、動画見放題サービスの加入を検討している方にオススメのサービスで、動画と読書を楽しみたいのであればとても満足できる内容になっています。

この機会にU-NEXTで週刊エコノミストと映像作品を楽しんでください。

サービス名月額料金(税込)無料期間
U-NEXT2,189円31日間

週刊エコノミストが読めてコスパの良いブック放題

ブック放題は月額550円で週刊エコノミストなどの雑誌やまんが, 旅行ガイドを楽しむことができます。初回1ヶ月無料で利用することができます。

雑誌800誌、旅行ガイド300冊、マンガ60000冊が読み放題でコスパ最強です。

発売日当日に雑誌が読むことができるので、新しい雑誌を早く読みたい人にはおすすめです。

毎月新しいまんがが追加されるので、新しいまんがを読みたい人にはおすすめです。作品をキーワードで検索することができるので、読みたい本がすぐに見つかります。

独自のいいねランキングやコメント機能が備えられていてユーザーの作品に対する感想を知ることができます。

毎月PayPayポイントがもらえるイベントが開催されていて、PayPayを利用している人にはとてもお得な内容になっています。

この機会にブック放題で週刊エコノミストを読んでみませんか?

サービス名月額料金(税込)無料期間
ブック放題550円1ヶ月

2種類の料金プランで週刊エコノミストが読めるブックパス

ブックパスはauが提供する電子書籍読み放題サービスです。

auユーザーでなくても利用できます。

購入して読むこともでき、支払いもスマホで簡単にできます。

購入やサービスに登録してもらうことで、スマホでいつでもどこでも週刊エコノミストを持ち運ぶことができます。

ブックパスは2つの読み放題コースがあり、マガジンコースでは月額418円で雑誌のみが読み放題でき、総合コースでは月額618円で漫画、小説、雑誌も全部読むことができます。

週刊エコノミストはどちらのコースでも読むことができます。

週刊エコノミストだけ読みたい人は雑誌だけ読み放題できるマガジンコースがおすすめです。

2つのプランから好きな方を選んでください。

Pontaポイントが貯まり、本の購入に使うことができます。

この機会にブックパスで週刊エコノミストなどの電子書籍を楽しんでください。

サービス名月額料金(税込)無料期間
ブックパスマガジンコース418円・総合コース618円30日間

週刊エコノミストとは?

出典:週刊エコノミスト

週刊エコノミストは、1923年に毎日新聞社が創刊した経済誌のパイオニアです。日本と世界両方の視点から経済を分析し、市場の状況を多角度的に捉え、金融情報も豊富で資産運用の際にも役立ちます。

「エコノミスト」とは日本語で「経済に関する調査・分析を行う専門家」を意味します。週刊エコノミストはその名の通り、様々な分野の専門家が多角度的な分析を行っており、未来の経済を予測する上で大変有用な専門誌です。

マクロな視点から中立的で冷静な分析で、グローバル経済をイチ早く教えてくれる週刊エコノミストは、新聞社が発行している為、企業への忖度が無く、この種の経済誌の中では一番アカデミックではないでしょうか?

政治・経済より読み解く時代の羅針盤

週刊エコノミストは、日本のビジネスマンにとって、先の見えない今だからこそ、頼りになる時代の羅針盤として、様々な視点からの示唆に富んだ記事が魅力です。

目まぐるしく動く経済を捉え、時代を先読みした週刊エコノミストの分析は、第一線で活躍するエコノミストの発表の場でもあります。

コロナ・インフレ・そして歴史的な円安と、様々な要因であなたの生活に影響を及ぼす経済の今を分析する事こそを、本務としている週刊エコノミストは、現代人のナビゲーターとして社会の潮流を知るのに、欠かせない1冊です。

それらのエコノミストの経済を深堀した記事は、ビジネスや投資にヒントを与えてくれ、あなたの思考に新たな見解をもたらしてくれる事でしょう。

当たる!と評判のエコノミストの経済分析

週刊エコノミストの中でも特に人気の“「当たる」と評判のエコノミストの経済分析″のコーナーでは、政治・経済・地政学など幅広い情報から世界情勢や市場のタイムリーな情報を提供してくれています。

これらの専門家のタイムリーな情報は、景気動向の把握や投資、ビジネスの成長戦略に活かせ、あなたの相場観を磨いてくれる事でしょう。

また、投資に大きな影響を及ぼすNISAや相続税、インド情勢、中国経済、米国市場、新興市場、半導体など各回の特集は、教科書的なレイアウトでグラフを用いて直観的で分かり易く書かれており、資産運用に必須のバイブルと言えるでしょう。

雑誌読み放題サブスクを活用して週刊エコノミストや他の経済紙誌をお得で便利に楽しみましょう!

本記事では「週刊エコノミスト」をお得で便利に読める“雑誌読み放題サブスク“を6つ紹介してきましたが、如何でしたでしょうか?

“各種読み放題サブスク″では、それぞれのメリットが違うため迷っている方も多いと思いますが、無料お試し期間がありますので実際に利用してみて、あなたのニーズに合っているか、使い心地やお得感をゆっくりと確認してから納得して利用できます。

“各種読み放題サブスク″を活用すれば、多種多様なジャンルの雑誌が読み放題である為、あなたの求める情報がきっと見付かると共に、時間やお金を使って雑誌を買いに行かなくても、ビジネスや投資に役立つ情報を得る事ができます。

そして何より、ビジネスや投資スキルがアップし、あなたの心強い味方となり自信となる事でしょう。貴方のビジネスライフが、豊かで充実したものとなる事を願ってます。

サービス名月額料金(税込)無料期間
楽天マガジン418円 年額プラン3,960円31日間
Kindle Unlimite980円30日間
dマガジン580円31日間
U-NEXT2,189円31日間
ブック放題550円1ヶ月
ブックパスマガジンコース418円・総合コース618円30日間

-dマガジン, kindleunlimited, auブックパス, ブック放題, U-NEXT, 楽天マガジン