ビジネス雑誌・経済雑誌

雑誌「ダイヤモンドZAi」を読み放題で閲覧できるサービスを比較!実際のレビューもご紹介

タブレットを見つめる男性

30〜40代を中心としたビジネスパーソンに親しまれている「ダイヤモンドZAi」。そんなダイヤモンドZAiについて、「読み放題サービスでの閲覧が可能なのか?」「どのサービスを利用すれば良いのか?」などの疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、ダイヤモンドZAiを閲覧できる雑誌読み放題サービスを比較し、あなたにあったものを紹介します。また、筆者が紙面版と読み比べて感じたレビューも掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

ダイヤモンドZAiを読み放題で閲覧できるサービスの比較表

結論から言うと、ダイヤモンドZAiに対応する読み放題サービスは4つあります。

サービス名 ダイヤモンドZAiの対応状況 月額料金(税込) バックナンバー
楽天マガジン 418円 2ヶ月程度前まで
dマガジン 440円 2ヶ月程度前まで
ブック放題 550円 2ヶ月程度前まで
ブックパス 418円 2か月程度前まで
Kindle Unlimited × 980円
Yahoo!プレミアム × 508円
タブホ × 550円

ダイヤモンドZAiを最もお得に楽しめるサービスは、「楽天マガジン」と「ブックパス」。いずれも月額418円で利用でき、2か月程度前のバックナンバーも閲覧できます。

一方、Amazonが提供する「Kindle Unlimited」や、Yahoo!の読み放題サービス「Yahoo!プレミアム」では、ダイヤモンドZAiを閲覧できないため注意が必要です。また、下記の記事では、ダイヤモンドZAiや東洋経済などのビジネス・経済雑誌に対応する読み放題サービスを比較しているので、ぜひ参考にしてください。

実際に、ダイヤモンドZAiを読み放題サービスで閲覧してみました!

筆者が実際に読み放題サービスを利用し、ダイヤモンドZAiを閲覧してみました。ちなみに、今回利用した読み放題サービスは、「楽天マガジン」です。

また、紙面版の同号も購読し、ダイヤモンドZAiの電子版と比較してみました。以下では、読み放題サービスならではの良い部分・悪い部分を紹介します。

場所を問わず情報を収集できる

ダイヤモンドZAiを読み放題サービスで閲覧してよかったのは、場所を問わず情報を収集できたことです。一方で紙面版だと、サイズが大きく持ち運びに適さないため、閲覧場所が自宅に限定されるのが不便な点です。

一方、読み放題サービス(楽天マガジン)は、PC・スマートフォン・タブレット端末に対応しているため、状況に合わせて端末の使い分けが可能です。たとえば、電車での移動中は持ち運びがしやすいスマホで閲覧し、自宅では画面サイズの大きなタブレット・PCを用いるなどです。

楽天マガジンでのダイヤモンドZAiの閲覧画面
スマホでダイヤモンドZAiを閲覧している画面。

また、読み放題サービス(楽天マガジン)には、ダウンロード機能が搭載されているため、外出先でも通信容量を気にすることなく閲覧できます。

楽天マガジンでのダイヤモンドZAiのダウンロードページ

ダイヤモンドZAi電子版は、場所を問わず情報を収集できる点が一番の魅力だと感じました。

一部で読めないページがある

楽天マガジンでのダイヤモンドZAiの閲覧不可なページ

ダイヤモンドZAiを読み放題サービスで閲覧して不便に感じた点は、一部で読めないページがあることです。実際に閲覧できたのは、以下のページ数です。

  • 86/146ページ

一見すると、閲覧できるページが少ないようにも思いますが、省かれていたのは広告やPR、厳選銘柄紹介など、主要コンテンツ以外のページです。主要コンテンツは、読み放題サービスでも十分に閲覧できました。

そのため、ダイヤモンドZAiのすべてのページを閲覧したい方は、公式の電子書籍や定期購読を利用するのがおすすめです。一方、ダイヤモンドZAiの主要コンテンツを閲覧したい方は、読み放題サービスでも十分に楽しめるでしょう。

今回利用した楽天マガジンは、ダイヤモンドZAi以外に週刊ダイヤモンドや東洋経済を閲覧できたので、お得に感じました。また、紙面版を自宅用、読み放題サービスを外出先用と使い分けたり、読み放題サービスで大まかな情報を拾い、気になるトピックがある場合にのみ紙面版を購読したりなど、使い方次第で利便性向上や出費の減少が期待できます。

ダイヤモンドZAiを読み放題で閲覧できるサービス4選を比較!

以下では、ダイヤモンドZAiを読み放題で閲覧できるサービス4選をご紹介いたします。各サービスの概要をまとめると、以下になります。

サービス名 月額料金(税込) バックナンバー 無料期間
楽天マガジン 418円 2ヶ月程度前まで 31日間
dマガジン 440円 2ヶ月程度前まで 31日間
ブック放題 550円 2ヶ月程度前まで 1ヶ月間
ブックパス 418円 2か月程度前まで 30日間

楽天マガジン:月額料金が418円と格安!

楽天マガジンは、楽天グループ株式会社が提供する、雑誌に特化した読み放題サービスです。一番の魅力は、月額418円で利用できるお得さです。

サービス名 月額料金(税込) 無料期間
楽天マガジン 月額プラン:418円
年額プラン:3,960円(330円/月)
31日間

紙面版のダイヤモンドZAiは、一冊あたり780円(税込)なので、約半額で閲覧できることになります。さらに、楽天マガジンの年額プラン3,960円(税込)を利用すると、よりお得な1か月あたり330円(税込)で利用できます。

ビジネス・経済雑誌はもちろん、車やゴルフ、釣りなどの趣味雑誌にも対応しているため、仕事用のみならず、娯楽用としても楽しめるでしょう。

ダイヤモンドZAiを年間購読している方は、楽天マガジンを利用すれば、最大月額330円にまで抑えられます。まずは、31日間の無料トライアルを利用し、使用感などを試してみてはいかがでしょうか。

dマガジン:主要雑誌のラインナップが豊富

dマガジンは、株式会社NTTドコモが提供する読み放題サービスです。楽天マガジンと同様、雑誌の読み放題に特化しており、合計900誌以上に対応しています。

サービス名 月額料金(税込) 無料期間
dマガジン 440円 31日間

一番の魅力は、主要雑誌を網羅した豊富なラインナップ。ダイヤモンドZAiをはじめ、週刊エコノミストや日経マネー、PRESIDENTなども読み放題で閲覧できます。

また多いものでは、12号分のバックナンバーも閲覧できるため、過去の雑誌を遡って情報を収集できるのが魅力です。

dマガジンは、主要雑誌の対応数に重きを置く方におすすめな読み放題サービス。31日間の無料トライアルが用意されているので、お気軽にお試しください。

ブック放題:雑誌だけでなく漫画も読み放題!

ブック放題は、ソフトバンクの系列会社である、株式会社ビューンが提供する雑誌読み放題サービスです。ほかの読み放題サービスよりも月額料金が高めですが、700誌以上の雑誌に加え、40,000冊以上の漫画も読み放題で楽しめます。

サービス名 月額料金(税込) 無料期間
ブック放題 550円 1ヶ月間

また、ほかの雑誌読み放題サービス同様、複数の端末で利用するマルチデバイスにも対応しているため、1つのアカウントを家族で共有することが可能です。たとえば、自分は経済・ビジネス雑誌を、お子さんは漫画を楽しむなどです。

ブック放題は、ダイヤモンドZAiなどの経済雑誌以外にも、娯楽として漫画を楽しみたい方におすすめな読み放題サービスです。1か月間の無料トライアルが用意されているので、自分に合うか試してみると良いでしょう。

ブックパス:株主手帳も読める!

ブックパスは、KDDIの系列会社が提供する、読み放題と電子書籍ストアに対応したサービス。雑誌の読み放題に対応したマガジンコースは、月額418円で利用できます。

サービス名 月額料金(税込) 無料期間
ブックパス 418円 30日間

経済・ビジネス雑誌の取り扱いが充実しており、ほかの読み放題サービスでは閲覧できない株式投資の専門雑誌「株主手帳」も閲覧が可能です。また、同サービス内に電子書籍ストアがあるため、気になる電子書籍の単品購入もできます。

ブックパスは、Pontaポイントやau関連のクーポンを配布するなど、キャンペーンが豊富。普段、auの携帯やサービスをお使いの方におすすめな雑誌読み放題サービスです。

30日間の無料トライアルが用意されているので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

ダイヤモンドZAiを読み放題サービスで閲覧してみよう!

スマホを楽しんでいる男性。

この記事では、ダイヤモンドZAiを読み放題で閲覧できるサービスを比較しました。対応可否については、下記のとおりです。

サービス名 ダイヤモンドZAiの対応状況 月額料金(税込) バックナンバー
楽天マガジン 418円 2ヶ月程度前まで
dマガジン 440円 2ヶ月程度前まで
ブック放題 550円 2ヶ月程度前まで
ブックパス 418円 2か月程度前まで
Kindle Unlimited × 980円
Yahoo!プレミアム × 508円
タブホ × 550円

ダイヤモンドZAiを読み放題サービスで閲覧すると、一部のページが省略されていましたが、主要コンテンツは十分に楽しめました。また、状況に合った端末を利用できるため、場所に関係なく情報を収集できる点はメリットといえます。

各サービスでは、無料トライアルが用意されているため、使用感や雑誌のラインナップなどを体感してみるのがおすすめです。無料期間中に解約すると、費用が発生しないため、まずはお気軽に利用してみてはいかがでしょうか。


Amazonのアソシエイトとして、FIREオンデマンドは適格販売により収入を得ています。


-ビジネス雑誌・経済雑誌
-, ,