dマガジン

dマガジンの支払い方法は2種類!デビットカードやdポイントの対応についても解説

投稿日:2021年5月6日 更新日:

スマホとカード類


月額440円で、500冊の雑誌を読み放題で閲覧できるのが「dマガジン」です。しかし、「どのような支払い方法に対応しているのか」「デビットカードやプリペイドカードでも支払えるのか」といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、dマガジンで選べる2種類の支払い方法について解説。支払い時の注意点についても解説したので、ぜひ参考にしてみてください。

dマガジンの支払い方法は2種類!


dマガジンの支払い方法は、「クレジットカード」と「キャリア決済(spモード コンテンツ決済サービス)」の2種類があります。以下で、それぞれの詳細を解説いたします。

1.クレジットカード

クレジットカード


dマガジンは、クレジットカードでの決済が可能です。ドコモの契約回線を持っていない方は、基本的にクレジットカードを使った決済を選ぶことになります。

dマガジンで対応しているクレジットカードブランドは、以下のとおりです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS


注意事項として、「ダイナースクラブ」や「銀聯」といった国際ブランドに対応していない点が挙げられます。また、海外のクレジットカード会社が発行している場合は使えないので、その点も留意しましょう。

2.キャリア決済(spモード コンテンツ決済サービス)

スマートフォン(スマホ)


ドコモの契約回線を持っている方は、基本的にキャリア決済(spモード コンテンツ決済サービス)を選択することになります。「spモード コンテンツ決済サービス」は、ドコモが提供するサービスや、App Store・Google Playといったコンテンツの代金を、毎月のスマホ料金と合算できるサービスです。

登録時に支払い情報をいちいち入力する必要がないほか、毎月のスマホ料金と合算して支払えるのがうれしい点です。なお、auやSoftbankなどの他キャリアの決済には対応していないので、注意しましょう。

ドコモの契約回線をお持ちの方は、迷わずにキャリア決済を選択しましょう。




dマガジンは、デビットカードやプリペイドカードに対応している?

デビットカード


結論から言うと、dマガジンはデビットカードやプリペイドカードでの支払いに対応していません。一部では使えるカードもあるようですが、基本的には未対応であることを前提に登録を進めましょう。

クレジットカードを持っていない方向けに、クレジットカード以外でも利用できる雑誌読み放題サービスをまとめました。もし、dマガジン以外の利用でもよいという方は、以下の表や関連記事を参考にしてみてください。

デビットカードやプリペイドカードに対応している雑誌読み放題サービス一覧

サービス名 デビットカードの対応状況 プリペイドカードの対応状況 月額料金
dマガジン × × 440円
楽天マガジン × 418円
ブック放題 × × 550円
タブホ 550円
ブックパス × × 618円(総合コース)
Kindle Unlimited 980円


関連記事:クレジットカード以外でも利用できる雑誌読み放題サービス6選をご紹介!

dマガジンでdポイントを支払ったり貯めたりできる?

ポイントカード


ここでは、dマガジンでdポイントを支払ったり貯めたりできるのかどうかについて解説しています。

dポイントで月額料金の支払いができる!


dマガジンでは、月額料金の支払いへdポイントを充てることができます。ドコモスマホやd払いを利用しているユーザーにとって、大きなメリットでしょう。

ただし、期間限定・用途限定のdポイントの利用には対応していません。

dポイントを貯めることも可能


dマガジンでは、月額料金の支払いでdポイントを貯められるのが魅力です。ドコモのケータイ回線を持っている方だけでなく、ドコモ以外のユーザーにも対応しています。

dマガジンでdポイントを貯める際は、ドコモのケータイ回線を持っているか持っていないかで、付与ルールが異なるのが特徴。具体的には、以下のとおりです。

  • ドコモのケータイ回線を持っている方:1,000円で10~100ポイント
  • ドコモのケータイ回線を持っていない方:100円につき1ポイント


ドコモのケータイ回線を持っている方は、スマホやドコモ光の料金によって、もらえるポイント数が変動します。詳しくは、「dポイントクラブの公式ページ」をご確認ください。

現在dマガジンでは、登録時に400ポイントをもらえるキャンペーンを実施しています。加えて、31日間無料で利用できるので、ぜひ以下から登録してみてください。





関連記事:dマガジンの申し込み・会員登録方法を注意点とともに解説!

その他、dマガジンの支払いに関する注意点

注意


ここでは、dマガジンの支払い時に気を付けるべきポイントを、4つご紹介いたします。

課金日は毎月1日


dマガジンでは、課金開始日が毎月1日に設定されているのが特徴。無料トライアル期間を活用している場合は、32日目~月末までに月額料金がかかり、翌月1日に再課金されます。

たとえば、4月15日にdマガジンの無料トライアルへ申し込んだときの支払いサイクルは、以下です。

無料期間:4月15日~5月16日まで
初回課金期間:5月17日~5月31日まで
次回課金期間:6月1日~6月30日まで


登録日が月末であればあるほど、初回の課金期間が短くなるため、よりお得に利用したい方は月初の登録がおすすめです。dマガジンを利用する際は、最初の支払いサイクルだけ変則的になる点に留意しましょう。

支払い方法変更は後からでもできる


dマガジンの支払い方法でクレジットカードを選択したユーザーは、後からマイページで変更することが可能です。以下、具体的な手順を解説いたします。

  1. My docomo」へアクセスし、dアカウントへログインする
  2. 「お手続き」メニューを選択する
  3. 「カテゴリから探す」欄にある「契約・料金」を選択し、「支払い方法の変更(携帯電話のご利用料金の支払い方法変更はこちら)」をタップする。
  4. 「お手続きする」をクリックする。
  5. 「ご注意・ご確認事項」のページが出てくるので、「PCをご利用の方はこちら」「スマートフォンをご利用の方はこちら」のどちらかを選択する。
  6. 「各種手続き」欄にある「ご契約内容確認・変更」を選択する。
  7. 「クレジットカード番号」欄にある「変更」をタップする。
  8. 変更後のクレジットカード情報を入力した後、「次へ」をクリックする。
  9. 手続き内容の確認後、「手続きを完了する」を選択して終了。


少々の手間はかかりますが、クレジットカード情報は後からでも変更できるため、安心して登録できます。

ドコモの「ahamo」プランへ乗り換える際は、変更手続きが必要なことも


dマガジンの利用途中に、ドコモの「ahamo」プランへ乗り換える場合は、注意が必要です。利用状況によっては、再度登録し直したり、メールアドレスの変更手続きをしたりする必要があります。

以下、利用状況ごとにおけるahamoへの対応方法の解説です。

ドコモ以外のスマホからahamoプランへ乗り換える場合

ドコモ以外のスマホからahamoへ乗り換えると、利用中のdマガジンが自動的に解約されてしまいます。その際は、dマガジンへ再登録する必要があります。

なお、ahamo乗り換え後に再登録した場合は、31日間の無料トライアル期間が再び適用されます。

ドコモの別プランからahamoへ乗り換える場合

ドコモのケータイ回線をすでに持っていて、契約済みのプランからahamoプランへ乗り換える場合は、とくに大きな対応はありません。乗り換え後に同じアカウントへログインすることで、コンテンツの引継ぎを完了させられます。

ただし、キャリアメール(@docomo.ne.jp)を使っている方は注意が必要です。ahamoプランへの変更によってキャリアメールが廃止となってしまうため、dマガジンに登録してあるアドレスを変更しましょう。

メールアドレスの変更は、「dアカウントの公式ページ」から行ってください。

月の途中で解約しても、日割り計算がされない

dマガジンは、月の途中で解約すると、その直後からコンテンツを閲覧できなくなるのが特徴。しかし、その際に日割り計算で請求されることはされず、いつもどおりの月額料金がかかってしまいます。

たとえば、4月17日にdマガジンを解約した場合は、4月30日に解約するのと同様、440円の請求がされます。そのため、dマガジンをできるだけお得に利用したいと考える方は、月末ギリギリまでの利用がおすすめです。

dマガジンの支払い方法を知って、登録してみよう!

スマホを楽しんでいる男性。


この記事では、dマガジンで選べる支払い方法の種類や、支払い時の注意点について解説しました。まとめると、以下の支払い方法を選択できます。

  • クレジットカード
  • キャリア決済(spモード コンテンツ決済サービス)


またdマガジンは、できるだけ月初の登録、できるだけ月末の解約が最もお得な利用方法です。支払い時に関する注意点に気を付けながら、後悔のない登録をしましょう。

dマガジンでは、31日間の無料トライアル期間と、400dポイントの付与キャンペーンを実施しています。気になる方は、気軽に登録してみてください。






Amazonのアソシエイトとして、FIREオンデマンドは適格販売により収入を得ています。


-dマガジン
-,

関連記事

登録が終わった男性

dマガジンの申し込み・会員登録方法を注意点とともに解説!

ファッションやビジネス、旅行関連まで、雑誌ラインナップの豊富さが強みの「dマガジン」。いざ登録するときに、「どのように登録すればいいのか」「注意すべき点はあるのか」といった疑問が生じた方も多いかもしれ …