雑誌読み放題

【完全無料・登録不要】で利用できる雑誌読み放題のサイト・アプリ2選!

投稿日:2020年8月11日 更新日:

タブレットを見る女性


「雑誌を読み放題で楽しみたいけれども、できるだけコストをかけたくない」方におすすめなのが、完全無料・登録不要で利用できる雑誌読み放題サービス。無料で閲覧できるサービスが、Web上やアプリ上にいくつか存在します。

そこで今回は、完全無料・登録不要で利用できる雑誌読み放題のサイト・アプリ2選をご紹介。利用時の注意点も解説したので、ぜひチェックしてみてください。

完全無料・登録不要で利用できる雑誌読み放題のサイト・アプリ2選


完全無料・登録不要で利用できるサービスは以下の2つです。

ここでは、それぞれのサービスの詳細について解説しています。

1.BookLive

BookLiveのホームページ画像


BookLiveは、株式会社BookLiveが運営する電子書籍ストアです。通常は、サービス内で雑誌やマンガを都度購入していく形態ですが、別途、雑誌を読み放題で読めるコーナーを特設しています。

BookLiveでは、人気の都市情報雑誌「TokyoWalker」や、タウン情報雑誌の「Lazuda」を楽しめるのが魅力。無料で読めるマンガや小説なども合わせると、非常に多くの冊数をラインナップしています。

BookLiveでは「しおり」機能や、縦にスクロールして読める「縦読み」機能などを利用できるのが便利です。またブラウザ版であれば、気になる目次を一覧で確認できる「目次一覧」機能を利用できます。

BookLiveは、アプリ版とブラウザ版の両方に対応。完全無料・登録不要で利用できます。


BookLiveの公式サイトを確認する

BookLiveのラインナップを確認する

2.Fujisan Reader

Fujisanタダ読みのホームページ画像


Fujisan Readerは、株式会社富士山マガジンサービスが提供する、雑誌の「タダ読み」サービス。Fujisan.co.jpでは、電子雑誌の個別販売や定期購読をメインに行っていますが、サービスの一環で「タダ読み」をユーザーへ提供しています。

Fujisan Readerでは、5,000冊以上の雑誌を無料で楽しめるのがポイント。「東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「SPA!」といった週刊誌や、「CanCam」「GINGER」といったファッション雑誌など、メジャーな雑誌が勢ぞろいです。毎日新しい雑誌が追加されるので、使っていて飽きることがありません。

Fujisan Readerでは、記事を視覚的にパラパラとめくれる「サムネイル」機能、気になる項目だけを確認できる「目次」機能「Bookmark」機能などを活用できます。気になる雑誌があったら、個別に購入することが可能。

Fujisan Readerは、アプリ版とブラウザ版の両方に対応しています。アプリ版の方がラインナップ数が多いので、そちらでの利用がおすすめです。


Fujisan Readerの公式サイトを確認する

Fujisan Readerのラインナップを確認する

完全無料で雑誌読み放題のサイト・アプリを利用できる理由

考える女性


雑誌読み放題のサイト・アプリを完全無料で楽しめる理由はズバリ、企業側にとってもメリットになるからです。

BookLiveやFujisan Readerなどの無料サービスでは、ユーザーとの接点を増やすという意味でメリットになっている可能性があります。有料で読みたい雑誌やマンガが見つかれば、会員登録をしたり、電子雑誌を個別に購入したりすることによって、企業との接点がさらに増える仕組みです。

さらにWeb上やアプリ上では、紙面雑誌と違い、ユーザーの閲覧行動を分析できます。ここからは憶測ですが、ユーザーの行動履歴を出版社に提供することで、プラットフォーム側が対価を得ている可能性もあります。

完全無料の雑誌読み放題サイト・アプリを楽しむ際の注意点

注意


完全無料で利用できる雑誌読み放題サイト・アプリは、ラインナップ数があまり多くない点に注意が必要。読みたい雑誌がピンポイントで陳列されていることは、ごくまれです。

また、最新号の雑誌が配信されていない点にも留意しましょう。早くても1か月程前の発売日、遅いと1年前に発売した雑誌がイチオシとして紹介されていることもあります。

完全無料で楽しめる雑誌読み放題サービスは、毎日楽しめる必須のサービスとしてではなく、あくまでも「雑誌読み放題サービスのお試し版」のような位置づけで利用すると、楽しく閲覧できます。

読みたい雑誌がラインナップされていないときにおすすめのサービス

セールのイメージ画像


「最新号の雑誌をいち早くチェックしたい」「定期的に閲覧している雑誌がある」方にとっては、無料トライアルつきの雑誌読み放題サービスを利用するのがおすすめ。無料トライアルを活用できる雑誌読み放題サービスは、以下のとおりです。

サービス名無料期間月額料金
楽天マガジン31日間418円
dマガジン31日間440円
ブック放題1か月間550円
タブホ2週間+24時間(アプリ版)550円
ブックパス30日間618円(総合コース)
Kindle Unlimited30日間980円
U-NEXT31日間2,189円
FODプレミアム2週間976円


無料トライアル期間つきの雑誌読み放題サービスでは、最新号やバックナンバーを読み放題で楽しめるのがメリット。有料サービスであっても、無料トライアル期間中の解約であれば、1円も課金されません

紙面の雑誌が1冊あたり最低でも500円程度かかることを勘案すると、有料の雑誌読み放題サービスの出費はそれほど多くならないです。「必要最低限のサービスだけでいい」という方は、雑誌読み放題サービスのみに特化した「楽天マガジン」や「dマガジン」を選択すれば、コストを大きく抑えられます。

完全無料で楽しめるサービスの利用範囲は限られているので、ここでは思い切って、無料トライアルつきの雑誌読み放題サービスを検討してみましょう。




雑誌読み放題の無料サイト・アプリを検討し直そう

サービスの選択


Web上やアプリ上には、完全無料・登録不要で利用できる雑誌読み放題サービスが存在します。コストがかからないというメリットはありますが、一方でデメリットもあるのが事実。

自身が読みたい雑誌がなければ、無料トライアルつきの雑誌読み放題サービスを検討してみてください。





Amazonのアソシエイトとして、FIREオンデマンドは適格販売により収入を得ています。


-雑誌読み放題
-,

関連記事

がま口財布

雑誌読み放題サービスの月額料金ランキング!安い順にご紹介します

いつも書店で購入している雑誌と、ほぼ同じくらいの月額料金で利用できるのが「雑誌読み放題サービス」。いっそ利用するのであれば、月々の料金はできるだけ抑えたいものですよね。 そこで今回は、雑誌読み放題サー …

レシートと現金

クレジットカード以外でも利用できる雑誌読み放題サービス6選をご紹介!

毎月定額の料金を支払うだけで、何百冊もの雑誌を読み放題で楽しめるのが「雑誌読み放題サービス」。しかし、「クレジットカードを持っていないけれども登録は可能なのか?」といった疑問を持っている方も多いはずで …

スマホを持つ女性

【3ステップ】auブックパスの登録・入会方法を注意点とともに解説

雑誌をはじめとしたさまざまな書籍を読み放題で楽しめるのが「auブックパス」。とくにブックパスを初めて登録する際は、やり方や注意点などを事前に押さえておきたいものです。 そこで今回は、auブックパスの登 …

雑誌をタブレットで読む女性

海外雑誌の読み放題サービスおすすめ4選を比較!無料では楽しめるのか?

語学学習や異文化理解のためのツールとして、非常に役立つのが「雑誌読み放題サービス」。登録しておくだけで、膨大な量の英語情報や最新のトレンドを収集できます。 そこで今回は、海外雑誌の読み放題サービス4選 …

タブレット

雑誌読み放題サービス、8つすべてを使って比較してみました。

毎月一定額の料金を支払うだけで、いくつもの雑誌を読み放題で楽しめるのが「雑誌読み放題サービス」です。しかし、さまざまなサービスがラインナップされていることもあり、どれを選べばいいのか分からない方も多い …